• HOME
  • ガイナに関するQ&A【ガイナは汚れやすく、熱反射の効率も汚れにより落ちると聞きました。】

ガイナは汚れやすく、熱反射の効率も汚れにより落ちると聞きました。
「ガイナは汚れやすいのか」というご質問のお答えは こちらをお読みください。 一言で言えば、ガイナには酸化チタンが含まれているため 光触媒効果により、むしろ汚れにくいです。 一方、汚れによって熱反射力が弱まるのは、 高反射率塗料と呼ばれているセラミックを 使用していないタイプの遮熱塗料のことです。 この高反射率塗料タイプの遮熱塗料は、 名前のとおり、反射率の高い顔料を使用しています。 この顔料が汚れに覆われてしまうと、日光を反射できず、 遮熱効果を発揮できません。 このタイプの遮熱塗料はガイナに比べると安価ですが、 多くの場合、3~4年で効果がなくなっているようです。 一方、ガイナは塗膜内に大量のセラミックで壁を作り、 その壁が熱線を反射することで熱を跳ね返します。 たとえ塗膜表面が汚れても、セラミックの壁による 反射には影響せず、塗布から10年以上時間がたっても 塗布当時とほぼ同じ遮熱効果を発揮します。