• HOME
  • ガイナに関するQ&A【ガイナ開封後、どの位の期間で使った方がいいでしょうか?】

ガイナ開封後、どの位の期間で使った方がいいでしょうか?
ガイナのメーカーである日進産業の施工要領では、 「生産日より、3カ月以内に使用」 となっています。 ただ、販売する側がこんなことを言うのはよくないのですが、 食品の賞味期限が、ある程度のサバを読んでいると同様、 ガイナのこの消費期限もある程度余裕をもたせてあります。 ガイナの缶のフタを開けると、 塗料の表面をぴっちりと透明のセロファン紙が 覆っています。 水性のガイナは、生産直後から水分の蒸発が始まるので、 その水分の蒸発を少しでも防ごうという目的です。 ですから、何日間かにわけて塗布を行う場合は、 このセロファン紙も取り置いておき、 塗布時以外は、再び表面にぴっちりと敷いておくと よろしいでしょう。 こうしますと、3カ月より多少長く保存することができます。 もちろんフタをきっちりするのは言うまでもありません。 いったん硬くなってしまいますと、 品質が変わってしまい、その後はいくら水を足しても 元には戻りませんし、効果も期待できなくなってしまいます。 ですから3カ月以内にご使用になるのが、安心です。