ガイナで結露防止

ガイナの塗布面は接しているものの温度とたちまち同化します。この性質により、ガイナを塗るだけで結露防止の効果を期待することもできます。

暖かい部屋の空気に対して壁が冷たいとき、壁に結露が発生します。ということは壁の温度が部屋の温度に近づけば、結露はでません。ガイナならそれができます。

通常レベルの結露ならガイナで防止

マンションの北向きの部屋や外壁に接している内壁などには、冬になるとうっすらと結露ができることがあります。このぐらいの結露でしたら、ガイナだけで解決できます。

これはガイナの塗膜にできるセラミックビーズの壁で断熱し、結露が発生する温度差を解消するからです。

さらにガイナを内壁に塗った場合、熱は壁の表面で吸収、即、放射されて壁の中まで浸透しにくいため、壁の中も結露が起こりにくくなり、充填断熱の大きな弱点の1つといわれている壁内結露の防止にも貢献します。

ただ申し訳ありません。流れるほどの大量の結露やお部屋のご利用状況によっては、ガイナでは防止できない場合もあります。大量の結露には結露防止に特化した【ノン結露】をご利用ください。
結露とともにカビもひどい場合は、【抗菌タイプ】をお薦めします。これは別売りの抗菌剤を攪拌時に混ぜて使用するタイプですので、ガイナにも【ノン結露】にも使用することができます。

結露対策のためのガイナ、あるいは【ノン結露】の塗布は、結露が発生し始める前に行うことをお薦めします。結露が発生し始めてからでも塗布作業ができないわけではありませんが、塗料は乾いた壁に塗布することが基本です。結露で湿ってしまった壁への塗布にはそれなりの注意が必要になってきます。だから結露対策の塗布は結露のない季節がお薦めです!

長野県中軽井沢 Eさまの別荘

1階の西面と北面をほぼ全面窓にして浅間山を裾野までインテリアとして取り入れ、部屋のどこにいても眺められるようにワンルームタイプにしました。

地域の気候を考え、冬の防寒対策を中心にするため、内壁にガイナを塗りました。また床暖房も設置してあります。
床暖房システムが設置してある床下合板にガイナが塗ってあります。これにより熱が冷たい床下に吸い取られるのを防ぎ、さらに熱線を反射して暖房効率を多いにあげてくれます
地階にはキッチンをのぞく、水周りを集めました。半地下状態であることを考慮して、地階の壁には全面的にノン結露を塗布。湿気は相当高いはずですが、まるで感じさせません。

地下や半地下のお部屋は、冬だけでなく夏も結露に悩まされる場合が多いもの。じめじめとして収納してある大切なものまでカビが移ってきたりします。ぜひ、【ガイナ】あるいは【ノン結露】をお試しください。