住宅の断熱

日本の市場に遮熱塗料はいろいろ出回っていますが、夏の暑さを遮ることはできても、冬にも効果を発揮するものは多くはありません。暖房された部屋の暖かさを外に逃がさないようにする、つまり熱が高い方から低い方へ移動するのを「断つ」ことを断熱と呼ぶならば、ガイナは「断熱」もできる塗料と言えます。

ガイナを屋根や外壁に塗っただけで、冬の断熱効果を得ることができますが、「寒さ対策」を優先するなら、内壁へのガイナ塗布を断然お勧めします!ちなみに内壁にも塗れる遮熱・断熱塗料はガイナだけです。

冬の断熱効果 : あなたの家が「冬寒い家」なら

暖房をつけているのに効きが悪い。暖かくなるのがとても遅い。暖房費がものすごくかかる。あなたの家がこうした問題を抱えているのなら、断熱材の種類や厚みが適切ではない、あるいは断熱材の施工が適切ではなかったために、壁の中で断熱材がへたれていたり、切れているため、暖房をつけても、熱はどんどん失われていってしまっていることが考えられます。

こうした問題を解決するもっとも簡単で効果的な方法が、ガイナを内壁に塗ること。ガイナの塗膜内にできたセラミックビーズの壁が、暖房によって温められた空気を室内に閉じ込めるため、暖房の効きがぐんとよくなります。
こちらは志賀高原のスキーロッジ「グリーン」さま。角部屋の客室の2面が外壁と接しており、同じ暖房機を使用しても他の部屋より温度が上がりにくく、大変お困りでした。そこでガイナを内壁と天井に塗布。

まず内壁のみ塗った時点で同じ暖房機を同じ設定で使用して、11.9度から14.9度へ3度上昇。さらに天井にも塗ったところ、19.6度まで7.7度も上昇しました。ロッジのオーナーさまによると「昨年(平成17年)、スチーム式の暖房から温水式の暖房に替え、暖房の効きが悪くなり、冬を考えると不安でしたが、ガイナの効果が予想以上!暖房の効きが驚くほどよくなり、嬉しいかぎりです。暖房の効率がよくなったので油代が高騰しているなか、経済的にもすごく助かります!」とのこと。
フローリング材を敷くための床下合板にガイナが塗装しました。
ここは冬の寒さが厳しい中軽井沢にある別荘で、床暖房を入れました。

床下合板にガイナを塗り、その上に床暖房システムを敷くと、ガイナが遠赤外線をたっぷりと反射(実際には吸収、すぐさま放出しています)するので床暖房の効率が跳ね上がります。床暖房は暖かくなるまでに時間がかかる点が欠点ですが、ガイナをその下に塗ることでこの欠点を大きく改善します。
こうした使い方ができるのは、遠赤外線を吸収・放出することができるガイナの大きな特徴のひとつです。

フローリングを貼り込むと見えなくなってしまうところですので、DIYで気軽に塗ることができます。いったん乾いてしまえば、その上を工事の人たちが歩き回ったり、道具を無造作に置いてもキズなどの心配はありません。
ガイナを室内の壁に塗ると、冷暖房の効きがよくなるので、節電対策にもなります。ちなみにエアコンの設定温度を1度低くするだけで10%の省エネになります。ガイナが塗ってあれば、1~2度低くしても全く気になりません。

欧米では、内壁のリフォームは家族の仕事。ごくごく気軽に塗替えます。ガイナは外にも内にも、一般的な塗料と同様に塗ることができます。とはいえ初めての場合は不安もいろいろ。

ガイナ塗装のプロでは、DIYのご支援も行います。費用の問題、下準備の問題、まずはご相談ください!

ガイナを使った省エネ・エコリフォームに助成金

近年、省エネ工事や機器の導入に対して、助成金の支給が徐々に始まっていますが、とうとう断熱・遮熱塗料の塗布工事にも助成金を支給する自治体が登場しました。
残念ながらまだ東京都の一部の区だけですが、地球温暖化問題が深刻化するにつれ、今後ますます助成金の支給を開始する自治体が増えていくことが期待できます。

助成金の支給手続きは自治体によって異なりますので、該当する地域にお住まいの方は塗布前に自治体にご相談になるとよいかと思います。