ガイナが注目される理由

ガイナは2010年、2011年、2012年、2013年と4年連続で省エネ塗料シェア1位となりました。(※ペイント&コーティング紙発表)

現在、日本では何十種もの遮熱塗料が売られています。もちろん大手塗料メーカー各社からも販売されていますが、それらの大手有名ブランドを押さえ、無名メーカーの製品が4年連続でシェア1位を獲得しているのです。塗料・塗装業界ではやっかみの声を含め、相当話題になっています。

ブランド力のないガイナがシェア1位を獲得した理由は、2つ。その性能の高さとコスト削減力です。


厚さ1ミリにも満たない塗膜が遮熱? 断熱?。これまでの建築的常識ではありえません。現に今も、信用していない建築士はたくさんいます。

でも、

ガイナを屋根・壁に塗ることで、「夏、暑くなくなった」、「冬の寒さがやわらいだ」そんな驚きの声がじわじわと口コミで広がり、ここまで注目されるようになりました。

また、現場の塗装工さんの声もあります。夏の屋根はひどい時には70度近くまで高温になります。塗布中の塗装工さんにとっては火傷しそうな熱さですが、ガイナを塗るやいやな、す〜っと温度が下がり、ぐんと作業がしやすくなる、これなら屋内の温度も下がったはず、そんな口コミも広がって、塗装工さんの中にもガイナのファンが増えました。

こうした生活環境の改善に加え、コスト面でのガイナのメリットも見逃せません。

ガイナで一軒の屋根・外壁を塗装するには、通常100万円~200万円の費用がかかります。一般的な安い塗料に比べると20〜30%割高です。しかしそれでもガイナを希望する人が増えているのはなぜか。

それは下の図のように長い目で見て、工事費を抑えることができるうえ、日々のランニングコストも削減できるからです。エアコンなどの冷暖房機器の使用量が大幅に減った! そんなお客様の実感が4年連続のシェア1位に現れています。