地域で最適の1社をご紹介いたします。ご紹介からご契約までの流れ。他の紹介サイトとの決定的な違いはヒアリングにあります。
    遮熱塗料のガイナ塗装のプロはこれまでに2800件もの遮熱塗料のガイナ施工に携わってきたアドバイザーと遮熱塗料のガイナを一番知る一級建築士が
    お客様のご要望を解決した上で、お客様にピッタリな近隣施工店をご紹介します。
    ここではお客様がお問い合わせからご契約にいたるまでの流れをご紹介いたします。
    ご契約までの7つのステップ 1太田問い合わせ2現状ご要望のヒアリング3ヒアリングシートの作成
    4ぴったりの施工店をご紹介5施工店よりお客様へのご連絡6見積もり書提出7ご契約 お問い合わせをお願いします。
遮熱塗料のガイナ塗装に興味はあるけど、他の塗料とはどう違う?
そもそもうちに遮熱塗料のガイナでの塗装は必要なの?
といった疑問をお持ちの方、遮熱塗料のガイナ塗装のプロにお問い合わせください。
二人のアドバイザーがお客様の悩み・ご要望を徹底的にヒアリング。遮熱塗料のガイナ塗装のプロが今もお付き合いしているのは、十分な実績を積み、誠実に遮熱塗料のガイナを塗ってきてくださった施工店ばかり。
施工店の会社概要を読んだだけでは分からない本当に信頼できる施工店をご紹介いたします。 遮熱塗料のガイナの前身の塗料であるシスターコートから遮熱塗料のガイナの成長を見守り続けた
遮熱塗料のガイナを一番知る建築士がアドバイス。そしてもう一人は、遮熱塗料のガイナの前身であるシスターコートの開発に携わり、以来
遮熱塗料のガイナの成長を見守り続けた一級建築士の宮谷敦です。宮谷は1995年にシスターコートを始めて使用した建築士であり、
つまりそれば日本で一番遮熱塗料のガイナを知る一級建築士であります。ただ、遮熱塗料のガイナの仕組みや性能を理解しているだけではなく、一級建築士として構造上・機能上からもアドバイスを行い、
お客様の疑問や不安点を解決します。
ヒアリングシートはお客様のご要望、一級建築士からのアドバイス、
			注意点などをまとめた遮熱塗料のガイナ施工の設計図となります。ヒアリングシートを遮熱塗料のガイナ塗装のプロが選んだ施工テント情報を共有することで、こんなつもりじゃなかったそんなことは聞いていないをなくします
お客様にご紹介させていただくのは信頼できる1社のみ
			ご紹介するのは日本で一番遮熱塗料のガイナを知る一級建築士が自宅の塗装を頼みたい!と思える施工点です。ご紹介する施工店の3つのポイント
			1、5件以上の遮熱塗料のガイナ施工経験のある施工点店。遮熱塗料のガイナ専門の施工店である必要はありません。極端な話、一般的な塗料に比べて多少クセがあるので
			それに慣れるのに2~3件の遮熱塗料のガイナ塗布経験があれば十分です。5件以上の塗布経験があるのならより安心です。
			ポイント2、必要缶数を守ってくれる施工店、遮熱塗料のガイナは14キロ缶1缶を30~35平方メートルに塗ることで、遮熱効果のカタログどおりの効果を発揮します。
			ところが、実は1缶に適量を塗るこれがクセもので、きっちり守ろうとすると時間も手間もかかります。
			ですから、必要缶数を守る、それだけでその施工店の誠実さがわかります。3親方が細かい施工店
			ぜんぜん具体的ではありませんが、これこそ関係者情報の最も足るものでしょう。
			塗装において、職人の技術は勿論重要なのですが、加えて正確も大いに関係します。つまり、細かい正確の親方と大雑把な性格の親方では目配り丁寧さが違います。
			でもこれ派数値化できません。
施工店へ事前にヒアリングシートを共有した後、
    施工店からお客様へご連絡を差し上げます。現場証左時には対象と異なる家屋の平面図と立面図、断面図をご用意ください。
    正確な塗布面積を測るのに必要です。図面がどうしてもみあたらないという方はご相談ください。
現場調査を行い、お客様のお悩みや
    ご要望を踏まえたうえでお見積書の作成をいたします。必要な部分の工事だけを提案いたしますので、どんどん金額が高くなっていくことはございませんのでご安心ください
遮熱塗料のガイナ塗装のプロが選んだお客様がお住まいの地域の施工店との直接契約となります。
    遮熱塗料のガイナ塗装のプロへの紹介料、中間マージンなどは発生しないので、皆様に余計な負担をかけることは一切ありません。お客様のご要望を
    じっくりお伺いした上で、信頼できる施工店をご紹介いたします。遮熱に強い遮熱塗料のガイナ塗装をお考えの方はご相談ください